けーとれだいやりー

Jimdoのホームページが開けなくなっています。……まぁ改装中でデータ全部非公開にしてたしいっか。

[新プロジェクト]待てど暮らせど出ないので… Part.1

どーも、お久しぶりです。けーとれです。

 

 

僕が模型鉄を始めたのは、いまを遡る事4年前となります。つい昨日、イエローハッピートレインを買ったような感じだと思ってたのに早いね。

 

この間に、2100形やら、京王8000系(改良版)やら、京成3700形(改良版)やらが世に出回り、好きな車種上位のうち、ほとんどを所有、それが叶わなくても発売された状態になりました。

 

 

 

……ただこの一車種を除いては。。。

f:id:k-train8938:20180914204829j:plain新京成8900形

 

もはやお馴染み8900形です。カッコいいデザインで、全国的に見ても90年代車の中ではハイスペックな部類なのに、なぜか模型の機器パーツ流用が効かない・知名度が低いなどの理由から、模型メーカーが全く出そうとしない例の車種です。

同じ千葉県内のみの路線という条件なのに、都心に直通して人目に触れやすい北総はやたら発売されるのにね。ちょっと扱い悪いよね。

 

 

そんな8900形をどうやったら手に入れられるか… と考えに考え抜いた結果が…。

 

 

 

「しゃーない、自作しよう!」

 

 

……なんという事でしょう。真面目に授業出席して提出物も出したのに美術1を付けられた経験のある私が、自作をしてやろうという謎の意欲に燃えているではありませんか。

 

 

ただ、プラ板からゼロベースで作るのは、どう考えても美術1の私には無謀です。正直模型イジりに慣れている人でも、完成品を見るとえっ…!?ってなるような物を製作されているのを、ネットで極稀に見かけるので、不器用な僕がやったところでどうにもなりません。どうすりゃいいもんか。

f:id:k-train8938:20180917121935p:plain

A.大人しく3D-CADソフトで作りましょう

 

そこで。データさえ正しければ誰でも同等の物を製作できるCADソフトに頼ってみる事にしました!お世話になるのは「DesignSpark mechanical」というアプリ。なんとタダ。

 

とは言え、ソフトの使用方法を手取り足取り教えてくれる指導者もいなければ、3D-CAD鉄道模型ガイド*1もなければ、こういった類のソフトの操作経験も僕はありません。

 

そんな私がどのレベルまで出来るのか。いい見物だね。

 

 

 

もちろん初心者なので、パンタグラフどうこうや床下どうこうは放置し、精巧な模型よりかは"それっぽく見える"程度の物から始めようと思います。

この記事は作り方を教えようなんて偉そうな意識(初めて一週間経ってるかどうかのビギナーなのでむしろ作り方教えて…)での更新ではなく、三者に見て頂いて不自然な部分や改善点を洗い出してもらうための定例レポート記事という位置づけで行きたいと思います。

 

まだ参入してない人には、テクニック面はさておき、どんな物かわかる程度には丁寧に説明したいなと思ってます。

 

 

私の長期的な目標・意識は以下の通りです。

 

1.配管や床下などは極力省略。"8900形"だと判別可能なレベルの物を作れれば上等

2.ただし前面は妥協しない

3.なるべく楽をしたいのでサハ2両から製作

4.完成は来年夏頃までを目標に焦らず行う

5.当然の事ながら私的利用に留める

 

 

まずは1から。これはビギナーなので背伸びしてもしゃーない。気に食わなければ技能が追い付いてから作り直せばいい話で。

3については途中でマイクロが発売した場合(無いと思うがな)を想定しています。万が一6両編成で出してきた場合、中間に2両突っ込んで8連化を行います。8両で出してきた場合は、最後まで作り、市販品と比較して改善点を洗いだす事を目的としています。完成度次第ではイオンラッピングモドキにするかも知れない。

 

 

4については早い話がお金の問題っすね。来年年始にN800形発売が控えてるので、そっちに全振りすると、仮にデータが完成していたとしても、来年夏までは出力費用を捻出できません。故に急ぐ必要がない(キッパリ)。

 

 

……トホホ。まぁそんなに早く作れるとも思ってないしね。それでは作業に戻りましょう。

f:id:k-train8938:20180917122000p:plain

■超簡素な妻面の出来上がり!

 

なんか適当に線を引っ張ってたら、妻面"らしき"物が完成しました。手順としては平面で四角形を作画、そいつをプル?って機能で押し出して立体にして、後からアーチの部分を削るって感じ。

 

左メニューの"Solid"ってのが立体図形として成立している物、"カーブ"は立体図形にも平面図形にもなってないただの線、他にもただの平面図形だと"Surface"って出てくる… 気がします。

f:id:k-train8938:20180917122011p:plain

■クリックすると固まりごとに確認可能

 

これ地味に便利ね。この線は立体にくっついてるのかどうか確認するときに重宝します。

f:id:k-train8938:20180917122201p:plain

■プルでさらに妻面を引き延ばして車体っぽくなりました

 

心太みたいにニュロ~って出てくる感じがたまらないので、調子に乗ってさらに引き延ばして車体っぽくしてみました。

 

画像は側面に視点を移して平面の作画をちょっと行ったところ。

f:id:k-train8938:20180917122052p:plain
■初回試作品の完成!

 

おお!なんか全然似てないけどやったぁ!とりあえず"らしき物"を作る事に成功。

 

窓やドアは平面作画で囲われた部分をプルで引き出し、そいつをさらに反対方向に押し戻すと、パーツが消えて打ち抜いて作りました。

 

 

ただなんか僕の作ったこの試作品は安っぽいよね。ビードも太いし、立体感に欠けます。

 

 

 

そこで、車体をレール方向にぶった切って、まだ手を付けていない車体の反対側にもう一度線を引き直し、そいつを反転コピーさせて車体を再生するという計画に切り替えました。

この時製作3日目。素人だからコピペ反転くらい出来るだろうっていう甘い考えを持っていましたが、そんな事出来るんでしょうか。

 

 

 

↓PCの方は続きを読むで進めます

 

 

 

f:id:k-train8938:20180917122225p:plain

■とりあえずぶった切って作画のやり直しを…

 

ビードを細くして、ドア周りをもうちょっと丁寧に作るように心がけてます。プロではないので、それっぽく見せられれば上等。

f:id:k-train8938:20180917122301p:plain
■中間車の車体部分 完成!

 

開始3日目にして、ようやく中間車の車体部分が完成しました!屋根は手持ち資料が無いので、後からどうにかします。

 

このソフト、あまり斜めから見てると、遠近法機能が効きすぎるので車体が傾いて見える事があるので、グルグル回して確認する事をお勧めします。

f:id:k-train8938:20180914214955j:plain

■実際の中間車の画像

 

うん、ドアとドアの間の窓を分割する枠を内側に引っ込めてもいいような気はする物の、大まかな形としてはこれで十分でしょう。

割と初心者でも扱いやすかったかな? フィーリングで線とプルを適当に操作すれば、割と従順に動いてくれる印象を持ちました。

f:id:k-train8938:20180917122352p:plain

■斜め下から見るとこんな感じ!

 

おお、ズブの素人が作ったと考えるとパッと見いい感じ。そうは思いませんか? 思いますよね?誘導尋問

 

 

正直ここまではまだ序章のジの字にも行ってないですね。パンタやら前面やらで絶対苦労するでしょうし、難航は必至。

 

 

 

今回はここまでとなります。センスなし・経験なし・指導者なしの三連コンボマンが、粘り強さだけを武器にどこまで作れるか。面白いじゃないですか。

 

 

 

本日もご訪問ありがとうございました!

f:id:k-train8938:20180917122409p:plain

サハ車体編 終了調子に乗って無理やりクーラーを載せようとした結果

 ■おまけ 出力データについての質問

 

現在ビードの高さは15mm、ビード幅は36mm、ドア部分のヘコミは40mm程度で統一して製作しているんですが、これ彫りすぎとか浅すぎとかありますかね?

一回ビード高さを適当に50mmでやって妻面回り込んだら、剣山の如く突き出てたので、完璧なフィーリングで15mmにしたんですが…

 

1/150になるとどれほどの物になるか、現物にする時にどこまでの細さが出力出来るかがサッパリ見当付かないので、完璧に手探りの状況です。経験者の方がいらっしゃればコメント欄までお願いいたします。

*1:買おうと思ったんだけどね。3年も前の本なので市場流通量が減ってます