けーとれだいやりー

今年の梅雨明けの早さに気付くのが遅かった人が更新してます。カウンターを前サイトからの合算に変更しました。

【遠征】ときわ路パスで春の常陸を楽しもう!半年だけの並び・3扉車を狙う…!!バス編

どうもこんにちは、けーとれです。

 

今回は春の水戸遠征シリーズ 最終回となります。どうぞお付き合いください。

f:id:k-train8938:20180712110009j:plain

■春の水戸遠征 水戸駅前のバスターミナルで撮影

 

まずは茨城交通の18年3月に導入されたばかりの新車、新型レインボー 1924号車です。

 

茨城交通はラインの入り方がカクカクしてるので、側面窓が綺麗に四角く処理されている新型にはお似合いでしょうか。なかなかカッコいい。

f:id:k-train8938:20180712110423j:plain

■水THE戸

 

2018年9月半ばの閉店が決定したマルイと、3月に導入されたばかりの新型レインボー1924号車の並びです。地味過ぎるネタですが、これも半年しか拝めないとなると、撮るしかありません。

f:id:k-train8938:20180712110729j:plain

茨城交通 1488号車

 

これは7E/8Eだな? 尺で判断出来そうな出来無さそうな…。多分8E。

f:id:k-train8938:20180712111002j:plain

■8E×エアロスター

 

水戸は本当に車暦が長い物が多く走っていて、趣味的には大変面白い場所です。お世辞にも乗り心地が良いとは言えず、ツーステも平然とした顔で闊歩しているような状況なので、実用的には… って感じです。

右のエアロスターは折り戸まで茨城交通塗装と一体化しているようですが、パッと見9431MRとかと同じ形式でしょうか。

f:id:k-train8938:20180712111450j:plain

■ジャーニー×8E×関鉄エルガミオ

 

水戸駅前のロータリーは常にバスが発着しているような状況で、信号待ちになればご覧の通り3台でも4台でも平気で横並びします。おまけに各列後ろに3台ずつくらい待機してるのが一般的なので、一糸乱れぬ12台同時発車も拝む事が出来ます。本当に壮観。

f:id:k-train8938:20180712111846j:plain

茨城交通 エルガ

 

意外と茨城交通ってノーマルエルガが割合的に少ないかな… と言った印象。

f:id:k-train8938:20180712112249j:plain

ブルーリボンHT

 

まだ残ってたの!?って仕様をしている二灯のブルーリボンです。タイヤの真後にドアが配置されてるバスって最近見ないよね…。

前面接合部分のサビや全体的な汚れこそ目立ちますが、まだまだ頑張っていて欲しいところ。そろそろヤバそう。

f:id:k-train8938:20180712112546j:plain

■水戸マルイ×ジャーニー×8E

 

また後輪の後ろにドアが付いてる。こういうスタイル結構残ってるんだね。

 

 

……と撮影しているうちに30分が経とうとしていたので撤収準備。交差点を渡ろうと準備していると…。

f:id:k-train8938:20180712112900j:plain

■三扉車いたんだ!?

 

以前吉祥寺で関東バスのB3008号車を追いかけた事がありましたが、それ以来の遭遇です。まだ水戸にも三扉車が残っていたとは…

 

残念ながら最後部の扉は締切とされていましたが、撮影出来て満足です。

 

 

これにて水戸より撤収。そのまま一人で常磐線に乗って、ときわ路パスの清算のために取手で下車して帰ろうとした所、他のメンバーが続行の電車に乗ってる事が発覚。

「最悪常磐線終電でも水郡線乗れる」とか言ってたので、帰り相当遅くなると踏んでいたのですが、まさかの1本後であっさり帰っていたというね。

 

取手駅で待ち合わせしてお食事を済ませ、解散という形になりました。

f:id:k-train8938:20180712114128j:plain

■関鉄バス 2043YT 最終 谷田部車庫行き

 

最終バス表示の赤ドットの囲いが見る事が出来ました。営業所の名前こそ「つくば中央営業所」ですが、バス停や車両所属は谷田部(主要な文字を取ってYT)で統一されています。

f:id:k-train8938:20180712114525j:plain

大利根バス 幕車エルガ

 

全国的に見ても幕車のエルガって結構珍しいのでは? 久しぶりに見ました。

「東口取手駅」とか言う独特の語順もナイス。

 

 

 

 

と言う事で今回の水戸遠征シリーズは以上となります。最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!

f:id:k-train8938:20180712114822j:plain

水戸駅ロータリーのバスプール

 

 

■おまけ 東海村に行ってきた

f:id:k-train8938:20180712115109j:plain

常磐線で上野から下っていくと最初に"市"以外を冠する都市にあたる東海村に行って参りました。

f:id:k-train8938:20180712115258j:plain

駅前は非常に綺麗に整備されていて、やはり潤ってるんだなぁという印象を受けました……って事は前回ご紹介した通り。

 

今回は画像右側にチラっと写ってるイオン東海店についてです。

f:id:k-train8938:20180712115637j:plain

■イオン東海店

 

街路樹に隠れているので見にくいかとは思いますが、かなり立派な店舗である事はお分かり頂けるでしょう。なんでも中にはフードコートなどが併設されてるんだとか。

 

人の入りも良く、およそ首都圏の人が想像するような「村」と言ったノホホンとした感じとは懸け離れていました。むしろ一般的な首都圏のGMSよりも人入ってるくらいです。

 

しかし、東京からあまりにも遠すぎるせいか、ネット上で商業施設マニアが乗り込んだ形跡は無く、情報が乏しい店舗となってしまっています。

手持ちの資料によると93年9月開業。93年という事はJマークが消えた直後のジャスコ出身店舗と見るのが妥当でしょうか。確かに比較的新しい。

f:id:k-train8938:20180712120319j:plain

■立派な正面玄関

 

人が出入りする部分よりもかなり高い位置までガラス張りと、デザイン面もかなり重視されています。出入口の後ろにまで窓が付いてる凝り具合。

 

……ただこれ、どっかで見覚えのある仕様ですね。

f:id:k-train8938:20180712120644j:plain

ボンベルタ成田に似てません?

 

同じくイオングループボンベルタ成田に近い物を感じました。いかがでしょうか。

こちらは92年開店なので時期的にも合致します。

 

90年代のイオン系の店舗は情報量が少ないので、他にもこんな感じの店舗があったら、私にご連絡ください。開店年が近ければ、この時期の建物の傾向なんでしょうね。

 

 

それでは。