けーとれだいやりー

ゆるーくやってます。

[方向幕全て出します]関東鉄道 車両基地公開イベントに行ってみた!

どうもこんにちは。それじゃ前回の続きから。

 

 

 

 ■前回記事はコチラ!

k-train8938.hatenadiary.com

 

 

つくばエクスプレス守谷車両基地で、展示を一通り拝んだ後、関鉄バスで水海道車両基地に移動します。

f:id:k-train8938:20171113144828j:plain

関東鉄道 水海道車両基地展示に行ってみた!

 

まずは一般展示車両3本がお出迎え。左からキハ2100形(新塗装)キハ0型キハ310形レトロカラー編成。欲を言えばKanacカラーがいて欲しかった!

 

真ん中のキハ0形は過去に1日数本*1だけ設定されていた「新守谷」行きを表示。毎年出してる物だとは思われますが、これは良い収穫。

f:id:k-train8938:20171113151142j:plain

■古参車両の並び

 

車種はもちろん方向幕もひとつ前の画像と変わってません(右ブレてんなぁ…)

右のキハ314編成は、今年5月の乗り納め運転会をもって休車となっています。運用から外れてから半年近く経っているせいか、少しお疲れの様子。

f:id:k-train8938:20171113151550j:plain

■DD502形 ディーゼル機関車

 

1956年製造で、旅客列車・貨物列車の両方の牽引経験を持つちょっと変わったディーゼル機関車です。コチラも現在休車。

 

これ走ったら面白そうだけどなぁ…。

f:id:k-train8938:20171113151943j:plain

■最新鋭 キハ5010形

 

登場からしばらくの間、運行時間が掲載されていた新型車両。最近は1両編成でいる所を多く見かけますが…。

 

 

と、ここで一通り展示車両の撮影は終了。関鉄限定のバスコレセットを調達した後、再度車両展示に戻ります。

 

 

まずは13:30~実施予定があった撮影会から1枚。

f:id:k-train8938:20171113152238j:plain

■撮影会はオール下妻行き!

 

現ダイヤだと、上下線共に夜間帯を中心に数本しか設定されていない下妻行き並びです。

一番右のキハ314編成またブレてるよが表示している「快速 下妻」は地味に存在しない列車です。

 

 

……と、下妻並びから表示が変わる事無く、撮影会は終了。

私は「新守谷」並びを狙いに来たので、会場でその後も粘っていましたが、多くの人は出払ってしまい、ほぼ誰もいない状態に。

 

スキを付いて方向幕変更係の方に「リクエスト出来ますか?」と聞いても良かったのかも知れませんが、さすがに関鉄でそれが出来るかもわからないので静観。変えて!と言わんばかりの目線を送る作戦に…

 

 

そしたら…

 

担当者さんA「次どれにします? 定番のxx行き(確か守谷とかだったと思う)にします?」

担B「うーん。撮影会終わったら、お客さんみんな出払っちゃったからなぁ…」

担A「どうしましょ」

担B「……。」

 

 

担B「全部回すか!!」

 

 

なんとここに来て大英断。カンフル剤としてキハ2100形の全幕回しがあっさり決定。耳をそばだてていた私は真っ先に、真正面の撮影場所を確保。

 

その直後に係の人が「急遽全て回す事にしましたー!」と呼びかけると、先ほどまで人が全くいなかった車両展示が一瞬で満員に。恐るべし方向幕の客寄せ効果。

 

 

それでは行ってみよう!

f:id:k-train8938:20171113153924j:plain

■水海道行き(★★☆☆☆)

 

最近は幕車の本数自体が減っていますが、撮ろうと思えばいくらでも撮れる水海道行き。

 

行き先表示機こそ幕ではありませんでしたが、花火大会の時は太陽が昇っている間に4連で撮影可能でした。

f:id:k-train8938:20171113154150j:plain

■新守谷行(★★★★☆)

 

私のお目当て。先述の通り、過去には設定があったのでワンチャン今後も…。無いね。

f:id:k-train8938:20171113154205j:plain

■取手行き(★☆☆☆☆)

 

上り列車と言えば…。この車両が運用に入れば確実に撮れそうなレベル。

f:id:k-train8938:20171113154214j:plain

■下妻行き(★★★☆☆)

 

夜まで粘れればワンチャン撮影出来る行き先表示。日中に拝めるのは車両基地展示以外では無さそう。

f:id:k-train8938:20171113154221j:plain

■下館行き(★☆☆☆☆)

 

あれこの車両は下館入れる…? いまは入れない? おそらく入れない。

でも幕車なら拝めるという事で適当だな

f:id:k-train8938:20171113154226j:plain

■臨時(★★★★☆)

 

イベント時とかに出すらしい。そりゃそうか。

f:id:k-train8938:20171113154240j:plain

■回送(★☆☆☆☆)

 

営業運転があれば回送もある。おそらく場所さえ選べば撮影は難しくない。

f:id:k-train8938:20171113154245j:plain

■試運転(★★★★☆)

 

設定されていない事は無いだろう… という推測のもと★4つに設定。

f:id:k-train8938:20171113154253j:plain

■守谷行き(★★☆☆☆)

 

守谷行き自体は結構設定されています。ただし時刻表上は守谷行きだとしても、守谷でその先へ向かう列車に接続するパターンが相当な割合で含まれています。

 

今回の全幕回しでは「守谷乗り換え xx行き」の類は無かったので、おそらく守谷単独で表示している物だと思われます。

f:id:k-train8938:20171113154303j:plain

■快速取手行き(★★★★☆)

 

これメッチャ設定されてそうに見えるじゃないですか? 実は平日3本、休日1本しか存在しないレア物です。上り快速はほとんど守谷行きなのね。

f:id:k-train8938:20171113154312j:plain

■快速 水海道行(★★★★★)

 

車庫があるので設定されてそうな雰囲気がムンムンしますが、これに至っては存在せず。

f:id:k-train8938:20171113154331j:plain

■快速 下妻行き(★★★★★)

 

言うまでも無く設定無し… ですが、逆パターンの下妻始発 下館行きの快速は存在。一体何者。

f:id:k-train8938:20171113154342j:plain

■快速 下館行(★★☆☆☆)

 

撮ろうと思えば撮れなくは無いレベル。先述の下妻始発のアレでも使えます。

取手始発の快速は設定が無いので注意。

f:id:k-train8938:20171113154351j:plain

■水海道乗り換え 取手行き

 

車両が接続する時に使う「乗り換え」表示付きの取手行き。関鉄らしい。

これは紙の時刻表を見て判断出来るかわかりませんが、水海道で車両交換する旨が書かれている列車はありませんでした。

あくまでも屏風型のポケット時刻表に表記が無いだけなので、実際は日常的に使われてたりするのかなぁ。

f:id:k-train8938:20171113154402j:plain

■水海道乗り換え 下妻行き(★★★★☆)

 

コチラは駅の時刻表の方に明確な記載がありました。平成27年改正の時点では3本設定有り。営業運転での撮影も夢ではない!! かも。

f:id:k-train8938:20171113154421j:plain

■水海道乗り換え 下館行き(★★☆☆☆)

 

ラッシュ時間帯に、毎時2本くらいのペースで運行されているようです。もちろん朝にも設定があるので、日が当たってる状態での撮影は可能。

f:id:k-train8938:20171113154411j:plain

■水海道乗り換え 守谷行き

 

最後の最後に存在するのか怪しいモノが出てきました…。小絹・新守谷・守谷のためだけに車両交換する旨を表示する方向幕…。

 

これ存在するんかなぁ…? Yahoo画像検索でパット見は使用例無し。誰かご存知の方はコメント欄にお願いします。

 

 

……と言う事で、今回の記事は以上となります。スクロールお疲れさまでした。。。

■おまけ 車両基地間を結ぶシャトルバス

f:id:k-train8938:20171113162823j:plain

エルガハイブリッド 2103TR

 

取手営業所に3台所属しているエルガハイブリッドのうち、最初に導入された車両。

ハイブリッドロゴと車体色がここまでマッチしている事業者、他に無いのでは?というくらい自然なロゴ。バスコレ化されたら嬉しい。

f:id:k-train8938:20171113162859j:plain

■エルガ 9404MK

 

水海道営業所所属の中古エルガ。車番千のケタが"9"だと、他社からの払い下げ車両となります。

エルガが中古で来るようになったとは…。時間の経過とは随分早いモンだなぁ。

f:id:k-train8938:20171113162924j:plain

■エルガ 2075TR

 

こちらは取手営業所の自社発注エルガ。1000番台から連番で2000番台に突入しているバスは、自社発注となっています。

 

 

それでは。

*1:Wikipediaによると1本