けーとれだいやりー

ゆるーくやってます。

[遠征記]ようやく運用入りした名鉄瀬戸線 3306編成を狙う!平日1本だけのレア行き先収集!①

どうも、コチラではお久しぶりです。けーとれです。

 

さて、7月末から諸事情で慌しく動き、ようやく事実上の夏休みにも入ったので、名古屋まで18切符×ながらで遠征に行って参りました!

 

ムーンライトながらは、相当数の友達から「マジで人権が無いよ*1と聞いていたので、ちょっと乗る前は心配でしたね。

 

 

ここで無駄話。16日東京発のながらに乗ったんですが、その前日、15日にながらについていろいろと情報収集したんですよ。

 

友達からのながらの評判を聞くと185系になってから良くないとの事。ネットもだいたいがその意見。ああ不安だ。

んでいざ寝よう思って、枕元にある松岡修造氏の日めくりカレンダーをめくってない事に気づいたんですね。あの毎日熱いメッセージが日替わりで付いてるあれです。

 

よし、残り少ないけど15日のに変えておこう。めくったの。そしたら。

 

 

 

「イライラしたら新幹線にライドオン!!」

 

 

これは名案!新幹線いいですね!そういうメッセージでは無い。あまりにもタイミングが良すぎてちょっと笑っちゃいました。

 

 

……んなお金も無い訳ですし、とっとと本題に移りたいと思います。

「まだムーンライトながら乗った事無いよ」という方のためにも、乗り方から説明に入りたいと思います。

f:id:k-train8938:20170819120219j:plain

まず向かったのは小田原駅小田原駅は、ながらが0時を超えてから初めて停車する駅なので、"改札入ってから次に日付が変わるまで"が有効期限の18切符を使い倒すには好都合な駅です。

 

逆に、小田原以東から乗ってしまうと、小田原の手前で日付が変わってしまうため、18切符を二回分消費or普通運賃を支払う義務が発生してしまいます。貧乏旅行でコレはつらいなぁ。

 

なお、深夜帯の運行になるので、中学生以下の単独利用は条例の関係で厳しいかな。

f:id:k-train8938:20170819120705j:plain

373系から185系に変更された"ながら"ですが…?

 

使用車両は185系10両編成。途中の号車(4号車/5号車間)は非貫通構造のため通り抜けが出来ません。事前に自分が乗る号車を確認しておきましょう。

 

さて、小田原駅を過ぎてしばらくすると(根府川あたり?)で車内検札が入りました。切符と指定席券を確認してもらったら、あとは寝るだけ。

 

ここで373系と違いが出るのは、ポイント通過時の振動と音ですね。ながらは夜間に頻繁に走っている貨物列車を先行させる関係で、よく退避線に進入します。

そのポイント通過時の音がなかなか凄まじい物なので、安眠が妨げられる事で不評に繋がっているのでしょうか?ちなみにボクは浜松入線以外寝てましたが…

 

ちなみに、元気のいい子や熱心な鉄道ファンの方たちは、浜松長時間停車を有効活用して、通過する貨物列車の動画撮影などをされていました。

 

 

個人的な感想としては、ながらでの旅は耳栓とアイマスクさえ持っていけばアリだと思います。指定席券520円を払えば、30年落ちの旧型車とは言え特急車が確実に来てくれるので、値段以上の快適性は確保されていると思います。

 

 

そんなこんなで名古屋に到着。地下鉄フリーパスを買って、瀬戸線の駅まで歩きます!

f:id:k-train8938:20170819123802j:plain

■何か断る時にご自由にお使いください…?

 

辿りついたのは名鉄瀬戸線の矢田駅。撮影地は瓢箪山駅付近だったので、二駅ほど電車に乗ります。

f:id:k-train8938:20170819124437j:plain

■あまりにも狭すぎる瓢箪山駅

 

瀬戸線はローカル区間が全く無く、線路スレスレまで住宅街が広がっているので、本数も多くラッシュ時の乗車率も良いです。関東だと新京成線に凄く沿線風景が似てます。

 

……が、あまりにも住宅街と道路が迫り過ぎて、瓢箪山駅はご覧の状態。

駅を降りると入場用改札機が出場用改札機の手前でお出迎え。そのすぐ左に出口がありますが、奥の改札機を通って奥の出口から出ないと出場記録は付きません。なんたるトラップ。

 

ちなみに、ホーム幅はこれ以上に狭いです。凄い場所に駅があるんだな。

それじゃ、撮影開始。

f:id:k-train8938:20170819125047j:plain

瀬戸線4000系 普通 尾張瀬戸

 

瀬戸線の主力車両である4000系による、普通電車の尾張瀬戸行です。この種別×行き先の組み合わせは、朝は約10分間隔、日中は30分間隔で運行されています。

後ろ切ったのが痛いなぁ…。

f:id:k-train8938:20170819125353j:plain

■4000系 普通 尾張瀬戸

 

コレばかりが来る事は想定していました。タイトルで察していただけると思いますが、もちろんお目当ては4000系だけではありません。

f:id:k-train8938:20170819125643j:plain

■3306編成  普通 尾張瀬戸

 

ようやく走っている所を見られた!これは素直に嬉しい。カッコいい。

 

 

3306編成について軽く紹介します。数年前に、喜多山駅周辺の高架化工事に伴い車両不足に陥った瀬戸線。ここで新造計画が持ち上がりますが、4000系をこれ以上作っても、高架化終了後に余るだけなのは目に見えていました。

そこで、本線系統の3300系を1本だけ瀬戸線仕様で製造し、高架化工事が終了した後に本線に転属してもらおうと言う事で登場したのが、この3306編成です。

 

3306編成は、3300系の中でも異端的な仕様となっていて、登場時フィルム×スカート形状変更後×フルカラーLEDという、個人的には最もカッコ良いと思っている組み合わせで運行されています。この仕様で本線でも製造が続くと思ってたんだけどね。

 

と言う事でお目当てはとりあえず確保。まだまだ撮影は続きます。

f:id:k-train8938:20170819130354j:plain

■4000系の離合

 

三週間連続で晴れなかった地域が全国的に多かった今年の8月ですが、この日だけは薄曇り/晴れだったので、思ってたより撮影が順調に進みました。運が良かった。

 

 

さて、気合を入れて第二のお目当てを撮ろう。

f:id:k-train8938:20170819130610j:plain

■平日1本のみ設定!準急 尾張旭行!

 

コレが見たかった!いっつも新幹線で名古屋入りするので、7:01栄町発の準急 尾張旭行きは早すぎて撮れなかったんですよね。ながら族の特権?とも言える列車です。

 

LED表示もいつもぶった切ってる写真を垂れ流している意識の低い私にとっては、上々の写り。旭って読めればいいんですよ(怠慢)。

f:id:k-train8938:20170819131141j:plain

■4000系 普通 尾張瀬戸

 

ここら辺で、いつも仲良くして頂いているデルタくんと合流。二人行動となり、瓢箪山からは撤収します。

f:id:k-train8938:20170819131432j:plain

■午後順光の矢田川橋梁も試してみました

 

午後順光だとわかりきってはいましたが、3306編成の下り折り返しまでの時間つぶしとして、矢田川橋梁へ。

 

 

なかなかいい感じの撮影地ですね。今度、午後撮る機会があったら行ってみよう。

f:id:k-train8938:20170819131814j:plain

矢田川橋梁 引いて撮ってみた!

 

川こそはありませんが、雰囲気はなかなかいい感じです。画像を見てもわかる通り、3306編成が尾張瀬戸から上り方面で折り返してきたようです。

 

さて、ここからが本番。順光である下り方面でもう一度撮影出来るか…!?

次回に続きます。

 

 

 

本日もけーとれだいやりーへのご訪問、誠にありがとうございました!

*1:最近のネットスラングで、快適性が確保されてない事を表す言葉のようです。果たして。