けーとれだいやりー

しばらく休止中。8月中に更新あり。

[最近の話題]N800形 最後のマルーン編成が検査入場・8512F 営業運転復帰

どうも、けーとれです。

 

最近はほとんど撮影に行っていない地元路線ですが、地味に6月中は車両の動きが激しかったので軽く触れたいと思います。

 

 

新京成電鉄N800形 N818編成 検査入場

f:id:k-train8938:20170615180752j:plain

2005年の登場以来、12年間に及んでマルーン帯をまとってきたN818編成ですが、6月6日頃に検査入場となりました。おおかた私たちの予想通りだったと言えます。

 

5月の中旬あたりから稼働率が低くなっていた(気にしすぎ?)同編成ですが、月末になって数日だけ日中運用に連続登板。

しかし、この状態が長く続く訳も無く、異例の6月開催となったサンクスフェスタで休憩車として解放された後、そのまま入場という形になりました。

 

 

うーん、個人的にN800形にはあまり思い入れが無いんですが、これは残念としか言いようが無い。本当に。

f:id:k-train8938:20170616175501j:plain

■車庫南端の留置線で入場を待つN818編成

 

6月3日のフェスタ終了後は、しばらく片付けや8512Fの出場準備状況が絡んだのか、数日間だけ屋外に留置されていました。これで最後に拝んだという方も多いのでは?

 

一応、最後の屋外留置は順光写真もありますが、フル編成入り?はこれだけなので掲載。

 

 

それじゃあ、過去の画像をチラっと流して次の話題行きますか。

f:id:k-train8938:20170616175942j:plain

■N818編成 五香~元山 中学校前構図

 

前面に影が掛かったり側面が暗かったり… となかなかアレな訳ですが、とりあえず入場をただ指を咥えて見てただけじゃないんですよー、アピールなんだそれ

 ■新京成電鉄8000形 8512編成 営業運転復帰

f:id:k-train8938:20170616183351j:plain

■検査入場直前の8512編成 そういえばジェッツトレインだった

 

 

N800形マルーン編成消滅で、撮影対象がいよいよ無くなるかと思われていた時期に、突如として公式から「8000形 リバイバルカラー」営業運転開始のアナウンスが。

おまけに「限りなく当時の姿を再現(要約)」と謳っていると来た。これはどういう事なんだろう…?

 

と半信半疑のまま、8512F営業運転復帰日を向かえてしまいました。試しに営業復帰スジを狙ってみようと思い、だいたいの目星を付けて撮影しに行った所…。

 

 

ちゃんと来ました。

f:id:k-train8938:20170616180955j:plain

ま さ か の 茶 帯 復 活

 

 

 

 

これ、いくら情報を持ってたとは言え、我が目を疑いましたよ。なんせ茶帯貫通編成がピッカピカになって目の前にいるんですから。

 

この記事を見てくださっている皆さんも、何も知らないでこの画像見たら、コラ画像だと思うでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k-train8938:20170616181628j:plain

実は1枚目はコラ画像なんだな

 

「けーとれの奴、今回の記事は珍しく真面目に進行してるよ…」と思った方、そう上手い事は行かせません。なんと前面にロゴが付いています…。

 

 

僕は愚直な考え(安易とも言う)だったので、「限りなく当時の姿を再現」という文面だけ見て、前面ロゴが入る事は一切考えていませんでした。まさかやらないだろうなぁ… と思ったら予想に反してアピってます。

 

 

周囲の反応を見ると、前面ロゴ不要論を唱えている人が大多数でした。

私も正直これはちょっとアレだなぁ… と思いましたが、「さほど見る分には気にならないか?」とも感じました。僕が近視だからあんま遠くの小さい物がよく見えないってのも、あるのかもしれない。

 

撮る分には若干「?」となる部分が多いので、気になる人は編集に頼るしか無いね。

 

 

 

■今回出場での変化・今後の8000形の動向…

f:id:k-train8938:20170616183542j:plain

えーと、あまり他路線の方はご存知ないかと思うので説明しておきますが…

 

8000形は先頭車車端部に車いすスペースが無いため、ラッシュ時の収容面であまり良くなく、カーブが多い関係で他路線より揺れやすいのに、ドア前に吊り革が無い(8518編成除く)という若干残念な仕様。

号車によっては8000形が来ると、強く圧迫された状態で斜めに立つような日もしばしば。空いてる号車は空いてるんだけどね。他路線に比べるとエラい集中する所が出てきちゃうんだよね。

 

上記の理由で、8000形はラッシュ時には来てほしくない部類の車両なんですが…。

 

 

今回の出場でも残念ながら吊り革増設などは見送られました…

 

 

 

が、解釈によってはちょっと前向きな理由で捕えられるかも知れません。

 

 

 

もし、8000形を次回検査までに全て新型車両で置き換えると仮定すると、いまから少し大掛かりな工事を行うのは勿体ないですよね。あるいは、とりあえず施工してある8518編成だけ生かすのも手。

 

 

これなら今回未施工で出場したのも、突然のリバイバル化も納得が行きます。この仮説いかがでしょうか?

 

 

 

…と、言う事で若干の期待を持ちつつ、今回の記事は以上とさせていただきます。

 

本日もご訪問誠にありがとうございました