けーとれだいやりー

ゆるーくやってきます。

[鮮烈登場!!]関東鉄道 キハ5010形 初の下り営業列車に乗車!

どうもこんばんは、けーとれです。

 

さて、本日は私も土曜日にしては珍しく一日自由な日だったので、関東鉄道の新型車両を見に行って参りました。

オープニングトークで話したい事は山ほどあるのですが、今回は省略。

 

 

まずは今回新型車両が投入される関東鉄道常総線の南の始発駅、取手へ。

時間が余ってたのでちょっぴしバスの方の撮影に。お目当ては営業所を跨いで貸出が行われている?(現在は不明、先月時点)9311YTキュービック。

f:id:k-train8938:20170225181700j:plain

エアロミディ 2063MK 回送

 

休日日中に水海道所属の中型エアロミディが回送で… うーん、何の運用だったのか。

キャノン輸送便は大型車が就いてるイメージあるし、休日だし…。

 

ちょっとバス撮影の際はカメラの調子(絞り値がなぜか最大値に勝手に設定されるバグ)が頻発したので、この車両以外SSが確保できず撃沈。

 

 

気を取り直して取手駅北側の跨線橋で新型車両を待ちます。架線が無いから上から撮れるってのが強み。

f:id:k-train8938:20170225182145j:plain

■新型車両 キハ5010形入線!

 

ちょっとSSのバグを引きずってるのかピント甘めですがご愛嬌。今回は次期ダイヤ改正で激減すると思われる2両編成での運行でした。後ろもキハ5010形。

 

5010形から帯色は新・関鉄カラーから再度変更され、従来のイメージを踏襲した青帯に黄色帯が追加されました。

 

これご存じない方も一定数いらっしゃると思うんですが、本社側が営業運転ギリギリまで頑張ってニューカラーの存在を隠してたんですよね。これ面白いよね。

形式登場発表のポスターは「?」でシルエット表示、甲種輸送の時は白の養生テープでグルグル巻きにして塗装を隠すなどの徹底ぶり。

f:id:k-train8938:20170225183210j:plain

■実際に乗ってみた

 

乗らずに撮るだけ撮って帰るのも関鉄に申し訳ない感じがしたので、寺原まで乗ってみました。これが取手発の下り列車運用として初めてという事もあり、ちょっと乗り得感。

 

反対側は黄色地のヘッドマークがお出迎え。

f:id:k-train8938:20170225183708j:plain

■これは…? なんでしょ…。

 

見方によっては筑波山。そう見えない人にはただの記号…

 

これ僕が思うに男体山+女体山のイラストだと思うんですが、関鉄が走ってる側(筑波山より南側or西側)から見ると、東側(右)の女体山の方が若干高いんじゃないか… と考えてしまったり…?

 

そろそろ気持ち悪いオタクになりそうなのでやめときます。。。

f:id:k-train8938:20170225184211j:plain

■車両銘版類は先頭車側面部分に!

 

キハ5010形は1両編成単位での運行が可能なので、今回妻面になっている部分も先頭部分になる可能性があるため、銘版類は側面に表記… って感じかなぁ。

 

新潟トランシス関東鉄道 平成29年の文字が光ります。

f:id:k-train8938:20170225185126j:plain

■2両編成の連結面!(画像一部加工)

 

次のダイヤ改正で水海道で下館方面に接続する列車の日中全列車1両編成化が告知されているので、マトモに撮影に行っても早々見る機会が減ってしまう危険性がある連結面。この際に見ておきたかったので満足!

f:id:k-train8938:20170225185354j:plain

■車端部に大型LCDも搭載!

 

整理券とか書いてあったり、後ろにコードが見えていたり… とどこかバスっぽい雰囲気を醸し出しているLCD

おそらく料金表を表示する場所と判断。次駅案内を行っていたかは不明。

 

 

中間先頭車部分の乗務員室には社員さんがスタンバイ。イベント配布で余った?(部数がかなり少なかったのでおそらく上りとイベントでほぼ配りきったと予想)キハ5010形デビューパンフレットをオタクと思われる人めがけて積極的に配っていました。

 

……僕もオタクっぽい挙動してたので貰えました(笑)

図面とカタログスペックをWikipediaよりも先に知れるというこのお得感ね。

f:id:k-train8938:20170225185543j:plain

■サービス機能としては先代の車両と同等…?

 

乗換路線が少ないせいかこちらのLCD採用は見送り。ディーゼル×ドア上LCDは見たかったなぁ… と思いましたが、常磐線水戸線・TX・真岡鉄道だけなら必要ないかも。

f:id:k-train8938:20170225185819j:plain

■なんとなく後ろ打ち…

 

下車駅は寺原だったので構内踏切からの撮影。側面の黄色はかなり目立ちますが、派手…という感じはあまりしませんでした。

白も若干グレーがかっているので、メンテナンスさえしっかりやればそこまで汚れは目立たない感じもしなくもない。

 

 

……んで、なぜに寺原で降りたかと言うと…

f:id:k-train8938:20170225190025j:plain

■バスの車庫!(サイズ的に問題無いと判断し画像加工はしておりません)

 

 

えー、敷地内からの撮影です。

 

 

 

……上の文章だけ読んで燃やすのは良くないよ!

 

 

 

実は公道 兼 バス車庫です。

 

 

……と言うのもこの取手営業所。寺原駅出口の目の前にあり、ここを通らないとメインストリートに出られない仕組みになってるんですね。

だからドリブルしてる子供がエンジン掛けてるバスの隣を通過したり、回送バスの真横を杖をついたおばあさんが駅に向かって歩く… なんてカオスな状態。

f:id:k-train8938:20170225190816j:plain

■日野ブルーリボンシティ 9430TR 回送

 

えーと、前置きしておきます。画像後ろがバスの展示会状態ですが、ここもまた公道です。

 

ブルーリボンシティは前回花火臨の撮影に来た時はいなかったような気がするんですが、あれよあれよと言う間に5台程度にまで増えてました。

全車両9000番台なので他社からの転属車にあたりますな。

f:id:k-train8938:20170225191121j:plain

■検査中の1988TR エアロスター

 

こちらは1000番台なので自社発注車です。現在は2000番台突入していますが、自社発注車は1000番台からの連番です。いま新型エルガが2108なので、そこそこ古参…?

 

ちなみにBRCからクルっと回るとこれがいたので、ここもまた公道兼車庫の部分です。

f:id:k-train8938:20170225191316j:plain

■検査中の台車部分…

 

なんとここまで近づけます(安全には十分注意してください)。タイヤを取っただけで結構面白い構造が見られます。

 

 

 

……という事でバス車庫も一通り周り終わった所で、今回の関鉄新型車レポート記事はシメさせて頂きます。

f:id:k-train8938:20170225191640j:plain

これからのご活躍に期待しております…!

 

 

 

余談:かなり会社を挙げての新型車投入だったらしく、1両に5人程度関鉄の社員さんが乗車していました。これはかなりガチだ…。