読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けーとれだいやりー

ゆるーくやってきます。

[レビュー]マイクロエース 京王8000系ボルスタレス台車 8両セットを走らせてみた…!

どうもこんにちは。けーとれです。

 

さて以前より話題に上げていたGMとマイクロの京王8000系の競作についてですが、先にマイクロから発売されたので試してみることにしました…。と言うのも。。。

 

私のNゲージに割ける今季予算は約28000円。本当は仕様が大幅変更されたGMから10両購入しようと思ったんですが、どう頑張っても30000円のラインは切れない。

これを買ってしまうと赤字必至なので、12月末に発売されたマイクロエースの方にした、という経緯がありまして。

 

それでは見てみましょう。

f:id:k-train8938:20170103174154j:plain

マイクロエース 京王8000系 8両セットを買ってみた

 

京王8000系と言えば、やはり従来の製品(GMBトレインショーティー)で「似てない」との意見が多数を占めた、再現が難しい?車両の一つとして知られていました。

また私も各社の製品を見て「似てないな」と感じていた一人だったので、今回の発売の二社共また外したらどうしよう… と不安でしたが、いい意味で予想を外してくれました。こりゃあ凄いや。

 

プロトタイプは言うまでも無く8両編成の最終増備車 8733編成で、ボルスタレス台車を履いた異色の編成です。

 

急行灯は8両編成でも常時点灯、行き先方向幕と前照灯は明るさの異なる物が採用されています。この画像はM車を抜いた7両を中速程度の電気を流して撮影しています。

……欲を言えばもう少し前照灯が明るいタイプでも良かったかも知れない。

 

 

走行性能はGMのコアレスモーター並にスムーズな挙動です。これは良かった。

f:id:k-train8938:20170103175104j:plain

■パッケージはこんな感じ!

 

前ブログ同様、誰でもわかりやすい説明を目指すため、多くの人が「もう知ってるよ」と思うような事にも軽く触れます。

マイクロエースの製品は私も初めて手を付けたのですが… 水色のケースを開けると、プチプチ、説明書、車両を保護するための幕(マイクロ独自)が入っています。

 

まぁお世辞にも安いとは言えない金額を出しているので、保護シートくらいはサービスかな‥ と思ったり?

 

パッケージで凄く工夫されてるな、と思った所はパンタ積載/アンテナの有無でウレタンの型に違いがある事ですね。これがあると編成の収納する向きや順番を間違えなくて済みますから便利。こうした小さな気遣いも大事かもしれません。

模型運転会の撤収時など定められた時間内で早く片付けたいときは障壁になります。はい。

f:id:k-train8938:20170103180022j:plain

■LED行き先表示機のバリエーションが豊富!

 

車番は既に印刷済みなので、我々が少しだけ手を加えて個性を出したい時は行き先表示機で差異を見出すのがベスト。

種類はご覧の通り豊富で側面表示も10個(予備二個)付いてます!

 

マイクロはどちらかと言うと「実車に合わせてください」主義なのか、8両編成セットで選択可能なのは急行以下の種別のみとなります。注意してください。

 

 

……橋本特急いつの時代だやろうかなと思ってたんですが、シールを追加購入しないと無理そうです。

 

 

 

……と言う事で今回の記事は以上となります。30%OFFでも26000円とかなり値段が張りますが、ボーナス/お年玉でぜひご購入を検討してみてください。

 ■おまけ せっかくマイクロエースに踏み込んだので…

f:id:k-train8938:20170103181208j:plain

ヨーロッパ式シングルアームパンタ、先頭車だけ18.7m、1.5mワイドドア京成3700形を微妙に使いまわせない窓割り… と障壁だらけのこの車両ですが、新塗装も出たり2両減ったりと話題もそれなりに十分な事は確かで、そろそろ出てもいいのでは…?と思ったり。。。